item1a
ばら工房
陶磁器上絵付け工房
Home News About Studio Gallery Lessons Monologue Archives Links
Archives あしあと Wedgwood
名窯訪問記
Visitor Centre

Stoke-on-Trent、2日目の午後からWedgwoodのVisitor Centreを訪れました。ところが、Spode、Royal Doultonは町の中心の近くにあり、比較的簡単に行くことができましたが、WedgwoodはStoke-on-Trentの郊外にあり、自力で行くのはかなり大変でした。とにかく手に入れたバス路線図を頼りに、Stoke-on-Trent中心の町、Hanleyのバスステーションから45Bというバスに乗りました。バスに乗ったのはよかったのですが、どこで降りていいのか分からず、バスはどんどん町から離れ、のどかな田園風景が続いています。不安に思っていると、「Welcome to Wedgwood」の看板が目にとまり、慌ててバスを降りました。

ところが、周りにはそれらしき建物もなく、羊たちがのんびりと草を食べているばかり。それでも看板を頼りに歩いて行き、やっとVisitor Centreに辿り着きました。その時分かったことは、私が乗っていたバスの終点がVisitor Centreだったということです。ちゃんと運転手さんに確認をするべきでした。でも、無事に着いてよかったです。

次に心配だったのは、帰りのバスの時間。とりあえず、お店に入ってバスの乗り場と時間を確認し、やっと安心してVisitor Centreに入ることができました。

Musieum and Gallery

WedgwoodのVisitor Centreは、広大な工場の敷地内にあるため、今まで訪れた中で一番広く、Museumでは時代を追って、Wedgwoodの名品の数々を見ることができます。本でしか知らなかった作品たちを見ることができて、とても感激しました。

wedg01
Demonstration
wedg02

Spode、Royal Doulton同様、熟練した職人さんのデモンストレーションを見ることができます。特に興味深かったのは、有名な「ジャスパー・ウェア」の装飾の実演です。粘土を型で押して作った小さなレリーフを、器に貼っていく作業は、とても緻密で手のかかる作業だということが良く分かりました。

Vistor Centre Shop

ここでは、Wedgwoodの人気のアイテムを手に入れることができます。特に「ジャスパー・ウェア」の品数はとても豊富で、コレクターの方にとってはたまらないのではないでしょうか。私は、ここでWedgwoodの図録を買いました。

wedg03

Notice

私がWedgwoodのVisitor Centreに訪れたのが1997年。そして、現在は「The Wedgwood Story」という名に改められ、施設もリニューアルされました。

(記:2002年)/ Photos : © Rie 1997

back to top ↑

© 2002-2015 ばら工房. All rights reserved.