item1a
ばら工房
陶磁器上絵付け工房
Home News About Studio Gallery Lessons Monologue Archives Links
Lessons 教室 lessons06

ばら工房絵付け倶楽部

受講ガイド

アクセス

スケジュール

絵付けについて

絵付け用具

基礎練習

芸術館・菩提樹

基礎練習
item4

バラの花を描きながら、絵の具や筆の運びに慣れていきます。上絵付けで一番大切なことは、白磁にきれいに絵の具がのること。バラの花には、絵付けに必要な要素がすべて含まれています。バラの花が描ければ、どんなものも描けると言っても、過言ではないでしょう。

とにかくひたすら、バラの絵を練習しましょう。

まずは、外側の花びらから描いていきます。平筆を使って、できるだけひと筆で丁寧に色を入れていきます。(写真;左の花)

全体に色を入れたら、花びらの影になる部分に、筆にたっぷりと絵の具をつけて、濃い色を入れます。(写真;右の花)

item6

次に、花のカップの部分と、芯の部分に色を入れます。カップの部分は、半円を描くつもりで一気に筆を運びます。そして、花の芯になる部分に、筆にたっぷりと絵の具をつけて、濃い色を入れます。これで、花の形ができました。(写真;左の花)

今度は、筆をしっかり洗って、花びらの光が当たっているところを考えて、筆で白く抜いていきます。このときも、外側の花びら、花の芯、手前の重なっている花びら、という順番で抜いていきます。これで、花の完成。(写真;右の花)

item14
item5

この練習は、絵の具や筆の運びに慣れるためのものなので、花の形が不格好になっても構いません。「白磁に絵の具をのせる」ということが、一番難しいのです。焼成前であれば、簡単に絵の具を拭き取ることができるので、怖がらずに繰り返し練習しましょう。

バラの花を描けるようになったら、今度は葉っぱの練習をします。花は、一色だけでしたが、葉っぱには、複数の色を使います。葉っぱも平筆1本で描いていきます。

まずはベースになる色を入れ、次に別の色で葉の縁をギザギザになるように描きます。そして、葉の付け根の部分に濃い色を入れ、最後に葉脈を入れて完成。

複数の色を使うこともあり、簡単そうで、実は花より難しいのが、葉っぱなのです。花と同様、繰り返し練習しましょう。

item10

back to top ↑

© 2002-2015 ばら工房. All rights reserved.